2010年03月29日

今日の窯出し

P1040241b.JPG



P1040240b.JPG


P1040254b.JPG











上絵の窯を開けました。
HPの作品写真に間に合わなかったので、アップしてみます。
「チャワン」(←あえてカタカナ表記にしています)
と、ぐい飲み。
今回の展開の中では異色のもの。
「釉裏紅のチャワン」は縁に金彩、「墨彩のチャワン」と「釉裏紅のぐいのみ」は内側が総銀彩です。


あー、梱包が大変だあ。
posted by Nobuhiko Tanaka at 23:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 作品展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

個展作品


s-P1040165.jpg








今回はテンパるだろーなーと思っていたのですが、その危機感が良かったのか、うーん、結構余裕を持って準備できてます。意外意外。
作品のあがりもヒジョーによろしいので、スライドショーをホームページにアップしました。
全てではありませんが、今回の作品の雰囲気は感じていただけると思います。

nobuiko tanaka website」の「作品集」のページからご覧ください。


posted by Nobuhiko Tanaka at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

「不毛地帯」最終回!


P1040045.jpg












先週16日、遂に「不毛地帯」が最終回を迎えました。
感動の最終話でしたが、全体を通してスケール・内容ともに本当に素晴らしいドラマだったと思います。

その「不毛地帯」の打ち上げに出席してきました。
俳優陣、テレビ局スタッフ、CG制作スタッフ、大道具制作の方などなど、会場の数百人の人々を見て、これだけ大勢の人が協力して、ひとつのドラマが作られているのだなあと、改めて実感。
通常一人きりでものつくりをしている人間にとって、新鮮であると同時に、とても羨ましく感じました。
思えば、昨年の6月頃から、約8カ月にわたる関わりとなり、まったく接点がない「ドラマ作り」という仕事の一端を経験できたことは、本当に楽しく、貴重な経験でした。
まあ、もう2度とない経験と思いますが、精一杯やったから悔いはないや。
さ、個展の窯たきだぁ!

*感謝感謝!
・制作と私との橋渡しをしてくださった、教室会員のI川さん・当初の練習場所を快く提供してくださった陶芸工房「まの」のオーナーG藤ご夫妻・京都関連で力を貸していただいた訓練校のS木先生・最初から最後まで苦楽(?)を共にしたADのK西さん・現場でも常に360度、気配りしてくださったフジのK谷さん、いつも楽しい話でリラックスさせてくれたS原さん、突然の予定変更に、いつも快く応じてくださった教室会員の皆さんetc ・・・そして、ストイックで、覚えがとても早く、私を楽にしてくれた小雪さん・・
ほんとうに有難うございました!


posted by Nobuhiko Tanaka at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

新宿伊勢丹 個展のお知らせ


isetan2010.jpgタナカ-裏.jpg






恒例の伊勢丹での個展が近づいてきました。
思い起こせば一昨年の10月、伊勢丹での個展の真っ最中にあの「リーマンショック」が突如襲ったのでした。
あの時は、「次の個展の頃には違う仕事してたりして・・」なーんて思ったのですが(笑)、ま、幸いなことに皆さんに支えられて、なんとかやきもの屋でいられています。感謝感謝です。

さて、時々ひとに「デパートとか場所借りるとお高いんでしょ?」と聞かれるのですが、(特に私のように食器売り場の中で個展をする場合)、お金を払って借りるという事はないです。
売り上げの何割かが作家に入るという仕組みで、売上が悪ければ当然次はありません。
とってもシビアな世界。
これは私が個展をやっている会場は全部同じです。

15年前に独立して以来、ささやかながら私が守り続けているポリシー、
「会場代を払っての個展はしない」ということです。
これは自分が「うつわ」という実用品をプロとして売っていくという上で、ギャラリーや、デパート、器のお店などから、必要としてもらっているという一つの目安です。
美術品を作っているなら、お金を払って会場を借りてというのもありでしょう。
でも私はあくまで、うつわを作っている。
異論もあるでしょうが、ま、あんまり人にはあえて言わない私のプライドです。

さあ、今月末から個展です。
考えると、時々おなかが痛くなったり、眠くなって、工房の机に突っ伏せて意識が飛んだり、集中できなくてわけもなく掃除してみたり、なんかいつ作ってんだオレ・・(笑)

是非ぜひのぞいてくださいねー。

「田中信彦陶展 〜おくるうつわ むかえるうつわ〜」
3月31日(水)〜 4月13日(火)
新宿伊勢丹本館5階 和食器にて


posted by Nobuhiko Tanaka at 22:43| Comment(6) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする