2011年01月31日

no title


7alongliverock43b520a811375.jpg








I'll be your mirror / THE VELVET UNDERGROUND & NICO


I'll be your mirror
Reflect what you are, in case you don't know
I'll be the wind, the rain and the sunset
The light on your door to show that you're home

When you think the night has seen your mind
That inside you're twisted and unkind
Let me stand to show that you are blind
Please put down your hands
'Cause I see you

I find it hard to believe you don't know
The beauty that you are
But if you don't let me be your eyes
A hand in your darkness, so you won't be afraid

When you think the night has seen your mind
That inside you're twisted and unkind
Let me stand to show that you are blind
Please put down your hands
'Cause I see you

I'll be your mirror


http://www.youtube.com/watch?v=an9DoVBHHr8



続きを読む
posted by Nobuhiko Tanaka at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ココロユレルモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月30日

河口湖


g-kai




河口湖・ギャラリー海にて開催中の「田中信彦・松野章弘 二人展」に、行ってきました。
きたないオヤジの二人旅〜♪(笑)
ログハウスの、木の香り漂うギャラリー。

g-kai matsunog-kai tanaka





展示はこんな感じ。
で、目の前に富士山が・・。
入間の茶畑の向こうにも、富士山はよく見えるのですが、大きさが違う!

mt fuji




このくらいの雪化粧の時、お姫さまの顔が、山肌に現れるそうで、
確かに、目と鼻があって、お姫様と言われればそんなような気になってきます。
見つけられましたか?

mt fuji face




展示は2月6日(日)までです。
観光がてらお出かけください。


posted by Nobuhiko Tanaka at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

「なんとなく」スゴイもの


20101230_1772775.jpg





大谷工作室展 〜工作三昧〜
2011年1月23日(日)〜1月29日(土)
12:00〜19:00 会期中無休 トライギャラリーおちゃのみず


いやー、久しぶりに焼物の展示で「いいもん見たなー」という満足感に浸りました。

「大谷工作室」このミョーな名前は、滋賀で制作する大谷滋さんのこと。

もともとは彫刻を大学で専攻していたそうですが、だんだん自宅でやきものを作るようになったらしい。

大谷さんの作品は、説明するのが難しい。
オブジェあり、楽焼あり、うつわあり、大壺(しかも半端なく大きい)あり、豆サイズの花器あり・・、でもどれもがすべて「なんとなく」なのだ。

この「なんとなく」は、フツーの人がやってしまうと、極めてしまりのない、稚拙なモノになってしまう。
ところが大谷工作室の「なんとなく」は全く違う。
「なんとなく」な作品なのに、深く人を引き付けて決して離さない魅力を持っている。
色々なモノを見てきて、それは初めて感じたこと。
だって「なんとなくなのにスゴイ作品」なんて僕の知る限り、他にないのだ。

もうひとつ、僕が感じるのは、大谷さんは色々な柵や境界線をなーんてこともなく、ひょいと越えてしまう能力を持った人だということ。
彼の中では、きっと、陶器も磁器も石も金属も紙も木も、実用もオブジェも、薪もガスも電気も、そして自分の手と人の手さえも、境界線なんてない。
だからこそ、オブジェの土台が「友達の作家の失敗作品の一部分を焼きなおしたのを使ってるんですよ」なんてことが何でもないことのようにできちゃうのだ。
狭い枠の中で、じたばたともがきながら、作品作りをしている自分には、嫉妬さえ覚えるような「自由のパスポート」を持っている人なんだよなあ。

果てしなく広い公園で、次から次へ、いろいろな遊具で遊びながら、彼が遊んだ後にふっと作品が生まれていく。そんなイメージを抱く作品群。

なかなか、その魅力をうまく説明できなくてもどかしいな。まあ、もう相当、評価されてる作家ですが、出来るだけたくさんの人に「なんとなくなのにスゴイもの」ってどんなものなのか、ぜひ見ていただきたいです。


今回の展示は間もなく終了ですが、東京でも今年あと2本ほどは個展があるようなので、要チェックです!


posted by Nobuhiko Tanaka at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ココロユレルモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

コツ


P1050139.jpg




よく「仕事が速いねー」といわれます。

教室を週2日半、35人ほどの生徒さんに来てきていただいて、残りの3.5日で制作していることになります。
個展を年、3〜5本、一回に大体200〜400点ほどの作品を作り、他に常設の店の注文などをこなしていく、といったペースです。(ほぼひとりで)

窯元にいた頃は、湯のみならば1日、200個以上の水挽きをしていましたが、個展の作品性が強いものとなると、2ヶ月で300点くらいが目安でしょうかね。
これが速いか遅いかは、つくるものや、人によって違うと思いますが、私の作品は、結構きっちりつくってある印象が強いようで、手間がかかると思われるのでしょう。

で、一応「仕事が速い」として、作り手としての「コツ」は、「抜くところは抜く」です。
必要最低限のことだけ手をかける、ということです。
例えば、釉薬をかけたときに釉薬のタレやむらが必ず出ますが、修正しないとおかしいものは修正しますが、タレやむらが気にならないものについてはそのままです。
指跡もしかり。ほかにもいろいろ。

同時にこの[抜く]ところは、作品のいい意味での「スキ」になります。
私は作品のどこかにわざと「スキ」を入れます。
きっちりしたなかの何処かに[スキ]があることで「適度な緊張感」を持った作品になると思っています。

ポイントポイントで、「手を抜く」ことが、プラスに働く作品の「スキ」を作ってくれる。
そんなところですかね。

それが結果的に「速さ」に繋がっているのかな。


posted by Nobuhiko Tanaka at 22:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

「田中信彦×松野章弘 用の器展」ギャラリー海(河口湖)

ヨウノウツワ
img073 - コピー.jpg







田中信彦×松野章弘 用の器展
1月25日(火)〜2月6日(日)
平日11:00〜17:00 休日10:00〜18:00
ギャラリー海(河口湖)

前回に引き続き、展示のお知らせです。
神楽坂三人展と時期もほぼ丸かぶり、しかも同じく松野章弘さん、通称「松ちゃん」との二人展。(←どんだけ仲良しだよ・・笑)
頭がこんがらがりそうですが、こちらは河口湖のギャラリーです。

旧知の友人、越智伸明さん(陶芸)が長年の夢を叶えて昨年、河口湖に工房と併設する形で作られたギャラリー。
ギャラリーからは富士山も望める贅沢なロケーションで、ゆったりと作品をご覧いただけると思います。

河口湖周辺は見所もたくさん。
会期中の土曜、日曜には河口湖名物、[冬の花火大会]も行われますので、観光がてら、足をお運びいただけましたら幸いです。

作家二人は、29日(土曜)に在廊します。

*「ギャラリー海
山梨県南都留郡富士河口湖町河口1746-2
TEL 0555-76-6419
(こちらのギャラリーはホームページがありませんので、ご希望の方はメールなどにてご連絡いただければ、DMをお送りします。)



posted by Nobuhiko Tanaka at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

工芸3人展


工芸3人展3人展アテナ




「工芸3人展」 2011年1月26日(水)〜2月5日(土)
*安土忠久(ガラス)
*田中信彦(陶器)
*松野章弘(磁器)

会場:「えすぱすミラボオ」   新宿区神楽坂6-36-1 神楽坂ビル2階

昨年できたばかりのギャラリーでの3人展です。
ガラスの安土さんとは初顔合わせ。(ギャラリーが組むので。)
かの「白洲正子」さんが、作品を愛用されていたそうで、ご一緒するのが楽しみだなー。

磁器の松野さんとは、ほぼ親戚みたいなもん(笑)
いつも会っているので、お互い新鮮味はないのですが、ま、安心感があるというか・・わはは。

で、珍しくオープニングパーティーがあります!
こういう展示会のは、とってもカジュアルなパーティーですので、お気軽にご来場下さいね〜。
当然参加費無料、出入り自由です。
パーティードレスとかで来ると、確実に浮きます(笑)
初日26日(水)17:00〜です。
一同お待ちしています!



posted by Nobuhiko Tanaka at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

明けましておめでとうございます

akeome









明けましておめでとうございます。
ついに2011になりました〜。早いもんです。
早速、現在決まっている、2011年の予定をお知らせします!

* 2011年 個展、グループ展の予定 *

1/25〜2/6  二人展 (ギャラリー海・河口湖)
1/26〜2/5  三人展 (えすぱすミラボウ・神楽坂)
3月末〜   個展  (新宿伊勢丹)
5/21〜27   二人展 (ギャラリーO2・大森)
7月     個展  (TIME&STYLE RESIDENCE・二子玉川高島屋SC内)
10/19〜24  個展  (うつわ楓・南青山)

う〜む、テンコ盛りですな。
基本的にいただいた話は断らない主義なので・・。
でも仕事、受けすぎた様な気がしなくもないが、ま、なんとかなるでしょう(←基本的に物事を深く考えない人間(笑))

気が向きましたときには、お立ち寄りくださいませ。

なにはともあれ、今年もご贔屓のほど、よろしくお願いいたします!(土下座)

*なんで写真がチンパン(しかも黄昏てるふう)なのかはつっこまないよーに。


posted by Nobuhiko Tanaka at 00:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする