2013年01月29日

こまったもんだ

DSC02947.JPG

つい最近までは普通に買えた、原料・材料のいくつかが手に入らなくなってきた。
主に、輸入材料なんだけど、要は需要が減ってしまったから輸入しても採算が取れないということ。困ったもんだ。

取引先の原料屋によると、日本の陶磁器生産量は最盛期の15パーセントにまで落ち込んでいるそうな。どこからの数字なのかはわからないけれど、この業界に長く身を置くものとしては、周りを見ていて「そうだろうな」という実感がある。
ここ15年ほどで、やきものを取り巻く環境は激変し、「大量生産、大量消費」という図式は完全に崩れてしまった。

でもそれはやきものが売れなくなった、というとらえ方は正しくなくて、「売れ方が変わった」というとらえ方をした方がいい。
消費のベクトルが違う方向に動いたのだと思う。
そのあたりをちゃんと捕らえれば、まだまだ作家一人が食うぐらいの需要は十二分にある。
色々手に入らなくなるのは困るけど、やきもの屋の皆さん、精一杯自分の能力、フルスロットルで行きましょ〜(^−^)

posted by Nobuhiko Tanaka at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月28日

マメツボーズ #2

DSC02944 - コピー.JPG

wisewise tools(東京ミッドタウン)に並びます
posted by Nobuhiko Tanaka at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いつものポット

DSC02940.JPG

いつもながらのポット。
2月頭より「wisewise tools」(東京ミッドタウン内)にてポット、マメツボ(茶入)、大皿他、常設展開予定です。(全て一品物です)
posted by Nobuhiko Tanaka at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月17日

まめつぼちゃん

DSC02935.JPG

久々に作品出来た(^_^;)
いつもの「豆壺」。かわいくできた。
2月頃のワイスワイスtools(東京ミッドタウン)の常設か、3月の新宿伊勢丹のどっちかに出します。
posted by Nobuhiko Tanaka at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月10日

なんとなく・・・

img126.jpg

「そうなんだよ、みんな、なんとなくだったんだよね」
「あはは、そうかもしれませんねぇ・・」

何が「なんとなく」なのか。
答え「やきものや(陶芸家)」になったこと・・・(笑)

年末、忘年会で益子在住のSさんと、とても久しぶりに話をする機会があった。Sさんは僕より4つほど年上で、大学は違うけど、同じ普通大学の陶芸サークル出身のやきものや。
大学時代、益子の陶芸民宿で縁があり知り合って以来の、もう25年来のお付き合い。

若い子たちを交えて色々な話をしているときに「何でやきものやになろうと思ったか」という話になり、冒頭の会話になったという次第。
作家としてスタートしたばかりの若い子たちはそれを聞いて驚いていたけれど、Sさんや僕が大学を卒業した頃は本当に、誰でも「なんとなく」やきもので食べられちゃう時代だったのだ。僕もその一人で、まあ「なんとなく」この道に入ったということを否定できない・・(苦笑)

でもSさんはぼくよりずっと頭もいいし、思慮深い人なので、「きっとSさんはきっちりと考えたうえでこの道に入ったのだろう」と思っていたから、なんかホッとするのと、おかしいのとで笑ってしまった。
ちなみにSさんは益子をけん引する売れっ子作家のひとりで、「民芸」というスタイルを新しい角度で切り取った素晴らしい作品を作っています。
いい時代だったのか、異常な時代だったのかわからないけど、懐かしい話をしながらも、前を見据えた話も出来て本当に楽しかったな。

♪なんとなーく なんとなーく♪

*写真は1985年ころの陶芸部の制作風景。僕は写ってないです。


posted by Nobuhiko Tanaka at 23:22| Comment(2) | TrackBack(0) | よみもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月06日

今日の名言

CQ7D3187.jpg

「変わらなくても生き残れると思っているのが間違いだ」柳井正(ユニクロ社長)

賛否両論ある人だけど、この言葉は好きだな。

元になっているのはダーウィンの
「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるでもない。
唯一生き残るのは、変化できる者である」という言葉らしいけど、あらゆることに当てはまると思う。
posted by Nobuhiko Tanaka at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | よみもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

明けましておめでとうございます

P1050286.JPG

明けましておめでとうございます。
年末の日本は選挙・クリスマス・マヤ(笑)と、いろんなことがごっちゃになりながら、あっという間に転がり去っていきました。
皆さまの新年は穏やかに明けましたでしょうか?

2013年、これからの一年が良いことのほうが少しでも多くあるような年になりますように!

◎ 2013年の主な予定(変更の場合あり)

*3/27(水)〜4/9(火) 個展(新宿伊勢丹本館5階 和食器プロモーション)
*6/24(月)〜29(土)  注器展(ACギャラリー 銀座)
*8月          個展(TIME&STYLE RESIDENCE 玉川高島屋SC内)
*10月         個展(うつわ楓 南青山)
*12月         2人展 w五十嵐智一(ギャラリー澄光 自由が丘)

今年も例によって色々と変化に満ちた作品を作っていきたいと思っております。
お時間とついでがあります時にはぜひご高覧いただけましたら幸いです。
本年も変わらぬお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

*例年通り、写真には突っ込まないでください(^−^)
posted by Nobuhiko Tanaka at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする