2014年11月17日

「生活工芸の時代」 三谷龍二+新潮社 編

ダウンロード.jpg

「生活工芸の時代」 三谷龍二+新潮社 編

木工作家の三谷龍二氏が主幹となって13名の筆者が「生活工芸」にいついてそれぞれの立場からの視点で記している。
複数の筆者の考察を読むことでそれを俯瞰的に眺めることが出来て興味深い。とても頷ける事も多いのだが内容をなぞっても仕方ないので、やきもの(食器)の分野で同じ時代を通ってきたものとして、一作家から見た「生活工芸」についてのちょっとした考察を書いてみたい。

(まず今日的意味での「生活工芸」の輪郭がはっきりしてきたのはここ十数年のことであり、それ以前には包括的にそう言った事象を表す言葉はなかったと思う。クラフトという言葉はもっと狭い範囲に思えるし、とりあえずここでは「生活工芸」も含めて全時代的に「生活雑貨」と書かせていただく。)

本書で指摘されている通り、生活雑貨にとっての大きな変化が顕著に表れたのが2000年前後ということは間違いない。
私のいるやきもの(食器)の世界でも多数の作家の多量の品物を並べたようなやきもの店が徐々に姿を消し、焼き物に限らず店主の感性でチョイスしたものを「美しく並べて」展示販売するセレクトショップ型の店が主流になった。
やきもの店以外でも、例えば昔ながらの雑然とした「骨董品店」から同じくセレクトショップ的な「アンティークショップ」、喫茶店から自然食中心で雑貨なども置いた「カフェ」へと流れが変化した。
出版においてはいわゆる「暮らし系雑誌」が相次いで創刊され、やきものを取り上げる際のスタンスもモノ中心から作家のライフスタイル中心に変わった。
そこで中心に置かれるのはあくまで「ステキな暮らし」であり、それを作り上げるパーツとしてモノが取り上げられ、読者はそれをなぞるように生活雑貨を選び、自らの「ライフスタイル」を組み立てていく。
そのライフスタイルに選ばれる生活雑貨が今日的意味での「生活工芸」であろう。

そしてこの本の帯にも書かれている通り「ライフスタイル」がブームになった。

その「ライフスタイル」を作り上げる「生活工芸」の主流となった価値基準は具体的な言葉でいえば、白、黒、モノトーン、シンプル、モダン、ナチュラル、エコ、日常性etc・・つまり、色々なものをそぎ落としたミニマムな「引き算的価値観」だった。
それはバブル崩壊から10年を経て、やっとバブル的「足し算的価値観」からの転換が起きたと言えるのではないか。
生活雑貨から範囲をを広げてみても、ロハスやスローライフ、スローフードといった「引き算的価値観」が社会的な潮流となり2010年ごろには「断捨離」というところにまで行きつくのである。

この「引き算的価値観」がもたらしたのが「大量生産、大量消費」の崩壊であった。
やきものにおいてもそれは顕著に影響し、産地の窯元や卸業者の廃業が相次ぎ、個人作家たちは自ら売る手段を考え、野外(だけではないが)クラフト市が全国にいくつも生まれ、「ライフスタイル」ブームと連動するようにそういったイベントには人が集まり昨今の隆盛に繋がって行く。

この流れがいつまで変わらずに続くのかはわからないが、ユーザーが「ライフスタイル」という箱を手に入れ、限られたその中のスペースに入れるものを自ら考えて選ぶというプロセスは、ものを買う手順としては極めて健全なのではと思うし、「生活工芸」がその選択肢として重要であることは喜ばしいと思う。
ただ昨今その「生活工芸」の価値基準が余りに一律的になり、同じようなモノばかりが溢れてしまったような気もしている。「ライフスタイル」の箱は決して大きくはない。
自戒も含めて箱が埋まり切ってしまった後、どれほどの新しいユーザー層が後に続いてくれるかは分からない。新しい流れに対応できるように我々モノつくりは準備しておくべきだろう。

まだ色々と書きたいことはあるのだけど、あちこちに角が立ったり、書きにくいこともあるのでこの辺でやめておこう(笑)

*あくまで私個人の考え方であり、異論反論もあるかと思いますが議論するのは面倒なので、読み捨ててください。

posted by Nobuhiko Tanaka at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | よみもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする