2017年07月04日

個展@TIME&STYLE RESIDENCE

facebookとinstagramは更新しているのですがブログは久しぶりになってしまいました(^^;)
恒例の夏の個展です。是非ご高覧ください。

個展【タイトル未定】 2017年8月19日(土)〜9月10日(日)
TIME&STYLE RESIDENCE(玉川高島屋南館)

s-DSC07408.jpg

s-DSC07406.jpg
s-DSC07407.jpg

透白磁ボウル
白地に薄いピンク色の結晶が多く析出しています。
これは銅による発色なのですが釉薬に入れたり、塗ったりということを特に何もしていません。
種明かしすると、私は「色のうつわシリーズ」を始めて以来銅による赤い器も数多く焼いてきているのですが、銅は窯の中で揮発して隣接した周囲の作品にその色が移ることが多く、揮発した銅は棚板や炉壁に付着していきます。
そしてそこから揮発した銅がこの作品のように釉薬に反応してうっすらと発色することがあります。ただその揮発した銅の影響を受けやすい釉薬もあれば反応しないものもあります。
この釉薬は「色のうつわシリーズ」と同じ釉薬で、炭酸バリウムを含む釉薬のため銅に対して敏感に反応してこういった発色をもたらすのですが、不思議なことにいつもの「色のうつわシリーズ」に使っている磁器土にかけた場合、窯内に浮遊している(?)銅にはほぼ反応しないのです。
要はこの磁器土(ほぼ鋳込み向けのもの)にかけると窯内の銅に非常によく反応するわけで、そのあたりの理屈がはっきりつかめないのも焼き物の面白さだなあと改めて思うのです。
posted by Nobuhiko Tanaka at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック